【What】から考える人【Why】から考える人

why.jpg

【What】から考える人【Why】から考える人


自分はどちらか、自己紹介の仕方で分かります。


こんな場面を想像してください^_^
「あなたはある集まりに出席しています。
初顔合わせの席でどのように自己紹介しますか?」


【What】から考える人は、まず名前を名乗り、
どんな会社でどんな仕事をしているか、
職務や役割について話すという自己紹介です。


あるいは、自営の方、個人事業主の方も、
自分は何をやっているか、
どんなサービスをやっているか、
を話します。


自己紹介というより、
会社や仕事の紹介に近いです。
つまり、
『自分のしていること=What』
中心です。


ところが、
【Why】から考える人は、
まったく違います。


「なぜ、この集まりに参加したのか」をまず話します。
自分がこの集まりに参加して、
どのような成果を得たいのかを
考えているからです。


つまり、
『自分がここにいる理由=Why』
中心に自己紹介します。


【Why】で考える人は、
自分の仕事についても、
なぜ、その仕事についているのか、
その仕事を通じて社会にどのように
貢献したいのかを話します。


行き着く人は、
なぜ、自分は生まれてきたのか?
自分の人生の使命は何か?
まで、話が及ぶ場合もあります。


実は日本人の多くの人が、
【What】→【How】→【Why】の順番で、
行動して、コミュニケーションを図っています。


先程の自己紹介で例えてみましょう。


「私は保険のセールスをしています」(=What)
から始まって、


次に、
「保険のセールスで成績をあげるために、
○○しています」(=How)
と話します。


【How】を知っている人は、
【What】だけの人より、
成果を出すことができる。
同僚や会社からも一目置かれた存在です。


さらに、その先にあるのが【Why】です。
「私は○○という理由で、
保険のセールスをしています」(=Why)


ここで問われるのは、
お金儲けや利益のためという理由ではなく、
あなたや会社、その事業が存在する意義、
信念や正義です。


もちろん、
信念や正義がなくても人間は生きていけます。
組織も存在できます。
【How】を知っていれば、
それなりの成功者になれます。


しかし、
人がよりよく生きるためには、
【Why】の視点から考えることが大切です。


【Why】と問い続けることで、
今まで見つけることの出来なかった
自分の人生の使命が見えます^_^


今日一日だけでも、
【Why】から考えてみましょう^_^


【Why】→【How】→【What】の順で
考えることはとても面倒くさいことにも
気づくでしょう 笑


でも【Why】から考える人に
進化しないと、
これからの時代を生き残っていけません!


最後までお読みいただきありがとうございます
あなたの人生の一助になれば幸甚です^_^

この記事へのコメント